シロアリの駆除・防虫

創業20年の信用と技術

シロアリの駆除・防虫はお任せください。

知らないうちに、大切な住まいをボロボロに食い荒らす恐ろしいシロアリ。シロアリ被害は地震、風水害、火災につぐ第4の災害と言われています。知らないうちに、大切な住まいをぼろぼろに食い荒らしてしまう恐ろしいシロアリは、土の中などに数万数百万の大家族で巣(コロニー)を作り生活しています。シロアリの食料となるのは建物の土台や柱などの木の柔らかい部分です。
もし自宅で羽アリを見かけたら、シロアリがすでに数万匹生息しています。




家を蝕むシロアリ被害の実態

普段は地中で生息しているため人の目に触れませんが、シロアリは日本中にどこでも生息しています。床下のシロアリは徐々にあなたの家を蝕んでいるのかも知れません。放っておくと家屋倒壊の危険性がありますので、定期的な予防がとても重要になります。


新築で購入した木造住宅は、建築基準法により地面から1mの構造耐力上主要な部分(柱・筋交い・土台など)に対し、 有効なシロアリ対策を講じることが定められています。しかし、シロアリ予防で使用した薬剤は、最大で5年間の保証が多く、5年目以降から被害に遭う可能性が高まってきます。
右のグラフでは築年数が高くなるにつれ、被害が増えているのが分かります。

5棟に1棟の割合で、シロアリ被害が発生!


保証満了日からの経過年数別蟻害発生率


シロアリは柱などを食べるとき、表面を残して食べるため、早い段階で発見するのが難しくなっており、これが被害を大きくしてしまう原因のひとつになっています。被害箇所をほっておいて、床が落ちてしまったり建物の倒壊にまで至ることも!また、羽アリは4月中旬-6月にかけて、新しい巣を作るためにこの時期だけ飛びます。もし自宅で羽アリを見かけたら、シロアリがすでに数万匹生息しています。

蟻害の再発防止には、5年ごとの予防が必要


防蟻処理保証切れで、再施工せず一定期間経過(放置)した物件の経過年数別蟻害発生率の調査結果から、有り街は保証期限(薬剤有効期限)が切れた翌年から発生し始めています。その発生率は、保証満了からの経過年数が長くなるにつれて急増しています。特に、保証満了以後10年も経過すれば、被害発生は20%近くに達し、20年経過後には、30%近くまで達しています。
このことから、再発防止には5年毎の再処理が必要になります。

大切なマイホームをシロアリから守ります。

シロアリ調査 無料


建物内部だけではなく、お庭やお隣との境界なども入念に調査を行います。確かな技術力と実績でお客様の住まいと健康をお守りします。

5年間の安心保証


工事完了後5年以内に、万が一白蟻が発生した場合は無償で対応させていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。

人に安心な薬剤を使用しています


日本シロアリ対策協会認定商品、日本農薬(株)の登録商標アリピレスを使用しています。危険物区分は非危険物です。

工事価格


一般価格一坪6,000円のところ、ホームページ特典と致しまして、税込み4,000円でお受けいたしております。ご連絡の時に見たことをお伝えください。この機会に是非!ご連絡お待ちしております。

本社 〒515-1301 三重県松阪市飯南町深野603番地1
TEL:0598-32-3734 FAX:0598-32-3735